株式会社エマリコくにたち

拝啓、うまい!に背景あり

社長のBLOG

2020.12.14

フェイスブックとインスタ、そして流行

拝啓 東京農業を応援いただいている皆様

手前みそですが、うちのInstagramがけっこう人気なんです。とくに西国分寺の「にしこくマルシェ しゅんかしゅんか」と「Craft! KUNITA-CHIKA」。それと「農いく!」。
スタッフもきれいな写真を頑張って撮っています。昨日は国分寺産のミニトマトやルッコラ、ブロッコリーなどで作ったクリスマス・リースという力作も(↓写真)。

ぜひみなさんもフォローしてみてください。
■にしこくマルシェ しゅんかしゅんか
https://www.instagram.com/shunkashunka2459/
■Craft! KUNITA-CHIKA
https://www.instagram.com/craftkunitachika/
■収穫体験イベント 農いく!
https://www.instagram.com/nouiku.tokyo/

さて、宣伝はこのくらいにして。
Instagramに比して、Facebookは、若い人の方の使う割合が減っているらしいですね。(運営しているのは同じ会社ですが。)
ほかにも、LINE、Twitter、TikTok、その他いろいろ(懐かしのミクシィも)、この世界は流行や廃りがあります。

会社やお店の情報発信でどれを使うかっていうのは、いつも迷います。手間的に、全部のSNSをしっかり回すことはできないので。
たとえば、西国分寺店はInstagramメインですが、国立店の方はInstagramもやりつつ、公式LINEアカウントも頑張っています。立川「のーかる」はFacebookがメイン。
何が正解かはなかなか難しいですが、世間の流行を感じ取ることは、どの程度追随するかは別としても、ビジネスにおいては必須です。

一方で、個人で使うのは圧倒的にFacebookです。
先ほども言ったように、Facebookを若い人はあまり使っていなくて、先週まで法政大学の授業の一環で学生さんが5名うちの会社に出入りしていたんですが、FBのアカウントを持っていたのは1名しかいませんでした。

それでも、やはりFacebookを使っていきたい。
私のアカウントをご覧になったことのある方はご存じですが、政治にまつわることも発信しています。
(支持政党はないので、各論点に対して是々非々に、考えていることを書いています。コロナ禍に対しても私見をたびたび提示しています。)

これはなぜかといえば、SNSのそうした機能(自分の考えを述べ、拡散することができる機能)が、いざというときに、社会としてすごく役に立つはずだと考えているいるからです。
平時はあまり役に立たないかもしれないけども、ある瞬間に、異論を言いたい人が言える雰囲気をSNS空間に維持しておきたい。そして、そのためにはほかのSNSよりも、Facebookという空間が最適だと思っています。

つまり、「何が流行っているか」とか「他人がどうか」はあまり関係なくて。
「何が正しいのか」が私の関心事です。商売上はさておいて、プライベートでは。

これは、私がまちなか農業(都市農業)に関わっている理由についても同様です。
まちなか農業はけっこう注目度が上がっていて(まあ、全国的にものすごく関心が高いというほどではないけど)、10年前とは明らかに違います。若い人で関心を持ってくれる人も確実に多くなっています。

でも、流行しそうだから、10年前にエマリコくにたちを創業したわけではなくて。
たまに、先見の明的なことを言って持ち上げてくれる人がいますが、まったくそうではないんですね。
そんな才能、ぜひ欲しかったんですけども。
「まちなか農業を継続することが、社会として正しい方向だ。」
正しいか、正しくないか――ただそう考えてやってきました。
もう少し平たく言えば、幸せな街ってどんな街だろう?、そういう観点ですね。

もちろん、注目された方が商売としても成立しやすいですし、今の流れは大歓迎です。まちなか農業を取り上げてくれる代議士やメディア、多くの皆さんに感謝です。

時代の流れは商売上とても大事なので、不易流行というか、それは掴み取りながらも、自分のなかの正しさを忘れないようにしたい。

そんな風に思っている、波乱の1年の最終月です。

(インスタのリンク再掲)
■にしこくマルシェ しゅんかしゅんか
https://www.instagram.com/shunkashunka2459/
■くにたち野菜 しゅんかしゅんか
https://www.instagram.com/shunka_shunka/
■ワインバル くにたち村酒場
https://www.instagram.com/kunitachi_murasakaba/
■Craft! KUNITA-CHIKA
https://www.instagram.com/craftkunitachika/
■収穫体験イベント 農いく!
https://www.instagram.com/nouiku.tokyo/

なお、当社の各部門のFacebookアカウントは、以下のページ『旬のお知らせ』で一望できます。
http://www.emalico.com/topics/

菱沼 勇介(ひしぬま ゆうすけ)
プロフィール

Photo

株式会社エマリコくにたち代表取締役。
1982年12月27日生まれ。
農地のない街・神奈川県逗子市に育つ。
一橋大在学中に、国立市にて空き店舗を活かした商店街活性化活動に携わる。2005年に一橋大商学部卒業後、三井不動産、アビーム・コンサルティングを経て、国立に戻る。NPO法人地域自給くにたちの事務局長に就任し、「まちなか農業」と出会う。2011年、株式会社エマリコくにたちを創業。国立市商工会理事。東京都オリジナル品種普及対策検討会委員(2019年度)。

PageTop