株式会社エマリコくにたち

拝啓、うまい!に背景あり

社長のBLOG

2017.02.14

奥多摩の新名物はクラフトビール!

Photo

拝啓 東京農業を応援いただいている皆様

東京の端っこへ。

美味しいクラフトビールを求めて行ってまいりましたよ!

(あ、地元野菜×クラフトビールのお店を計画中なんです。)

ビアカフェ・バテレさん。奥多摩町にあります。

http://verterebrew.com/

2016年3月に初出荷なので、新しいブルワーさんです。

ということで、立川から電車で90分。

奥多摩駅、はじめて行きました。駅前はひなびた感じ~。どこか懐かしい感じです。

見渡せば切り立った山。ビールの仕込みに大切な水は、もちろん美味しいでしょうね。

駅徒歩1分、ビアカフェの入り口もこじんまり。

オーナーでブルワーの辻野さんは阿佐ヶ谷出身。高円寺のお店などで修業したのちに、自然豊かな奥多摩で独立しました。夏のシーズンは、古民家を改造した気持ちの良い飲食店。(写真下手です。)

奥多摩でのハイキングや釣りのあとに、ここで一杯飲んだら…!さぞかし、しわわせ~、でしょうね。

ま、今日の奥多摩は小雪も散っていまして、寒すぎましたけどもね。温かくなったら再訪します。

辻野さんは自家栽培のホップにも挑戦しているそうです。

ぜひ多摩の麦でもビールを作りたいですね~、とお話をしました。多摩の農家さん、立候補お待ちしております!

酒好きの私の持論としましては、農産物はお酒に加工することで、もっとマーケットが広がると思っております。

日本ではどんどん新しいブルワーが誕生していますが、多摩エリアも負けずに美味しいビールをどんどん醸していきましょう!

では、いまから買ってきたバテレさんのビールを飲んでみたいと思いま~す。

菱沼 勇介(ひしぬま ゆうすけ)
プロフィール

Photo

株式会社エマリコくにたち代表取締役。
1982年12月27日生まれ。
農地のない街・神奈川県逗子市に育つ。
一橋大在学中に、国立市にて空き店舗を活かした商店街活性化活動に携わる。2005年に一橋大商学部卒業後、三井不動産、アビーム・コンサルティングを経て、国立に戻る。NPO法人地域自給くにたちの事務局長に就任し、「まちなか農業」と出会う。2011年、株式会社エマリコくにたちを創業。第3次国立市農業振興計画審議会委員(2016年)。

PageTop