株式会社エマリコくにたち

拝啓、うまい!に背景あり

社長のBLOG

2017.09.11

社長の先生になる~チームのこと

拝啓 東京農業を応援いただいている皆様

このブログにもかつて書いたとおり、人材育成!!をスローガンにやっている今年度。
その方向性について、少しツラツラと書きます。

前々から、「マネジメント勉強会」と称して、会社経営にまつわる色々を社員のみんなに月1回のペースで講義しています。

自分で言うのもなんですが、教えられること、教えたいことは沢山あります。

でも、ここで考えなくてはならないことは、組織のリーダーが教えられることの限界です。

リーダーが持っている知識や技能を仮にすべて伝授できたとすれば、そうするとリーダーと同じコピーが沢山できるわけですから、それはそれで強いですね。
けれども。
コピーがどれだけいても、数では突破できない場面がビジネスの世界には数多くあります。

リーダーがどんなに優秀であっても、人間である以上、弱点や苦手な分野はあるからです。

野球で言うと、イチローが9人いても勝てないわけで。ホームランバッターも必要だし、リリーフピッチャーも必要です。
まあ、大谷翔平が9人いたら相当強いとは思いますが…。そういう奇跡は起きません。

ビジネスの海原を渡っていかなくてはならないベンチャー企業にとり、本当に必要なのは、リーダーと同じような知識や技能を持つのではなく、自分ならではの尖った得意分野を持ったメンバーだと思います。

私の知識は貪欲に吸収しつつ、一方で私が弱い方面ではむしろ助言し、指南をしてくれるような、そういうメンバーがどんどん育っていく必要があります。
創業から6年、30歳が見えてきた社員も多いところ、そういう自覚を求めていきたい。

それがベンチャー企業で働くということの、厳しさでもあり、そしてだいご味でもあるのです。

菱沼 勇介(ひしぬま ゆうすけ)
プロフィール

Photo

株式会社エマリコくにたち代表取締役。
1982年12月27日生まれ。
農地のない街・神奈川県逗子市に育つ。
一橋大在学中に、国立市にて空き店舗を活かした商店街活性化活動に携わる。2005年に一橋大商学部卒業後、三井不動産、アビーム・コンサルティングを経て、国立に戻る。NPO法人地域自給くにたちの事務局長に就任し、「まちなか農業」と出会う。2011年、株式会社エマリコくにたちを創業。第3次国立市農業振興計画審議会委員(2016年)。

PageTop