株式会社エマリコくにたち

ミッション

CORPORATE MISSION

  • TOP
  • ミッション
ミッション 私たちの使命

「まちなか農業を次世代につなぐ」
×
「都市市民の楽しい食卓をサポート」

つくる人と食べる人の
距離が近いまちなか農業(都市農業)。
その可能性は無限大です。

街のなかに、田畑がある。
このことの価値を多くの方に伝え、
次世代に東京の農業をつないでいく。
そして、都市市民の食卓を楽しくしていく。

エマリコくにたちは、
そのための新しい流通の仕組みづくりに挑戦します。

代表メッセージ

Photo

エマリコくにたちは、2011年に誕生しました。
この年は、東日本大震災があり、地域内のネットワーク、絆の大切さが再認識された年でした。
以来、エマリコくにたちは地域の生産者とともに歩み続けてきました。

エマリコくにたちは、集荷&買取システムによって、生産者が農業生産や技術向上に注力できる環境をサポートしています。
もしかすると、東京に農業というイメージはないかもしれません。しかし、実際には、ベテランから若手まで、情熱ある農業生産者がたくさんいます。野菜はもとより、果樹、鶏卵、牛乳など生産品目も多様です。
「大都市東京にこそ農業が必要だ。」
この思いは事業を続けるにつれ、より強くなっています。

都市では、農作物が収穫されてから「一皿」となるまでに、さまざまな人が間に入るので情報がそぎ落とされてしまいます。しかし、もともと食べものには、生産者の情熱や工夫、土地の文化といった背景も附随しているはず。
私たちは、そうした情報をも流通させる「背景流通業」を作り上げ、都市地域に新しい縁と楽しい食卓を生み出していくことを志しています。

エマリコくにたちは、小さな直売所を経営するベンチャー企業から、東京産農産物流通のリーディングカンパニーへと飛躍を目指しています。
創業時、社名に本社所在地である「国立(くにたち)」を冠したのは、その名前が「国」を「立つ」に由来するからです。
東京の農業活性化を通じて、日本という国をより豊かにしよう。
エマリコくにたちは果敢に挑戦を続けます。

株式会社エマリコくにたち
代表取締役 菱沼 勇介

PageTop